[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2006年11月12日 15:41 ]
生死カテゴリ「総合雑記/生死」もくじ 

総合雑記
┗【生死】もくじ


生まれ変わりたい?/輪廻転生があるか否かは別として、自分が死んだらもう一回別の人間に生まれ変わってまた人生送りたいと思いますか。

いきなり明日死んだらどうする?

意義あり!明らかに矛盾しています!
昨日のお返事/←↑二つセット。タイトルとはうらはらにマジ話です。他のテキストはどーでもいいけどこれは是非読んでいただきたい。

自殺者数過去最悪/自殺って悪いことですかね。

死ぬまでにしたい3つのこと/しなくちゃいけないことがある。

死の実感/最初は誰もが実感わかず、生活していくなかで少しずつ受け入れていくんだろうな。

受け継がれていくもの/個人的な悲痛な感情は抜きにして、人が死ぬというのはその人の知識や経験が全て無に帰すということで、単純にもったいないと思う。

死にたくなったらその前に2週間生きてみろ/死ぬのはいつだって死ねる。

飼育と命/命の喪失が怖くて動物飼えないです。でも飼いたいんです。

「存在」から話がどんどん膨らんだ/人でも何でもいい。「何か」が存在することの意味を考える。

本能には逆らえないってんですか。/窮地に追いやられると理屈で正しさを説かれても、それを拒否するのは理屈じゃないからお話にならない。

涙ってそんなに美しいものなのか/悲しんでもらえて何が幸せなもんか。僕は周りの人が幸せであってほしい。

スポンサーサイト

[ 2006年03月15日 23:59 ]
生死涙ってそんなに美しいものなのか 

maji0148.jpg職場の人が、自分が死んじゃっても誰も泣いてくれなかったら寂しい、とかぬかしやがるもんだから、ついうっかり素で返事しちゃいました。

ネットでは普通の人とはずれていようが自分の思うことをストレートに書いても、リアル生活では「普通の人」を装うのが僕の生き方なんだが、口が滑った。

ここはひとつ、「ダヨネー」っていう方向で返事をするのが得策だったんだが油断しちゃいました。

いやね、僕はイヤなんですよ。
自分が死んで誰かが泣くなんて。

というか、自分が死んでるのに「寂しい」って意味わかんない。
死んだらそれまでだろう。
例え魂だとかあの世なんてものがあったとしてもね。

寂しいもクソもあったもんじゃない。


[ 2006年02月24日 00:05 ]
生死本能には逆らえないってんですか。 

まあな、言いたいことはわかるんだが、やっぱり違うんだよ。

そして俺が間違ってるのもわかってるんだよ。

例えば水難事故に遭えば、わけもなく水が怖くなるだろ。

フツーに考えて洗面器一杯の水で溺れるわけないけど、たったそれだけの水が怖くなったりするだろ。

これはもう理屈じゃないんだな。

どっちが正しいか間違ってるかを追求したら、理屈的に考えて水恐怖症患者の方に改善の余地がある。考え方一つの違いや姿勢でどうにでもなる問題かもしれない。

でも口で言うのは簡単でも行うのは難しだ。


▽コメント一覧(4)

[ 2005年11月24日 19:53 ]
生死「存在」から話がどんどん膨らんだ 

例えば以前俺が働いていた職場の人間とか、学校卒業以来会わなくなった人間、果ては小学校低学年ぐらいによその学校へ転校していった子とか、俺の目の前からいなくなっていった人たちも今も尚それぞれの人生を歩んでいる。

人間の人生に関わらず俺が関わってきた思い出の場所も、俺がいなくなってからもずっと時を刻み続けてるわけだ。

昔働いてたバイト先とかね。
スタッフもどんどん入れ替わり、今では全く知らないひとたちが働いてるんだろうけど、今、僕がこうして文章を打っている間もその職場は彼らの手によって稼動し続けている。

だけどその場所や、会わなくなった人たちがどんな時間を刻んでいるのかは僕は知る由もなく、僕が彼らの前から、またはその場所からいなくなっても物語は続いていることは確かなことだ。

まあ・・・中には俺が知らないうちにそのはかない人生を締めくくってしまった人もいるかもしれないけど。

そう思うと世界ってのは断じてたった一つだなんて考えは間違ってるな、とか思う。

人口の数だけ世界がある。

例え同じ場所にいても俺から見たキミとキミから見た俺とは全く違うし、世界は60億人分の世界で構成されてるんだ。

気が遠くなる。


▽コメント一覧(2)

[ 2005年04月18日 17:53 ]
生死飼育と命 

僕、動物好きです。

哺乳類は飼ったこと無いです。でも子供の頃、金魚とかドジョウとかカブトムシを飼ったりしたんですが、僕に飼われたものは決まって早死にしました。

小動物は元々が短命だけど聞きしに勝る早死にっぷりで、どう考えても僕の飼い方が間違ってるということを僕は幼心に痛感し、「自分はこの先、金輪際生き物を飼わない」と誓ったのはわずか小学校低学年かせいぜい4年生ぐらいの時かな。

その誓いは堅く・・・というわけではないだろうけど、おそらく軽いトラウマみたいなもので実際それ以来、僕はいかなる小動物も飼育していません。


[ 2005年04月15日 00:00 ]
生死死にたくなったらその前に2週間生きてみろ 

<高3男子自殺>テストの答案返却後、校舎から飛び降り

教師もこの生徒に特にきついことは言ってないらしい。この生徒の成績が上位であったことからも、学校側の言い逃れとかじゃなく多分それはホントだろうね。

ただ、今回のテストの成績というものがその生徒にとって相当の比重を占めていたんだろうな。


[ 2005年03月11日 23:24 ]
生死受け継がれていくもの 

先日亡くなった弟は僕なんかよりも何倍も物知りで、極端な話、人生経験上僕の方が上であっても、世の中の知識に置いては僕なんか足元にも及ばなかったです。

政治、歴史、心理学などの学問を初め、世の中の動きや、テレビや芸能人などの娯楽文化や流行においても色んなことを知っていて、「何でそんなこと知ってんの!?」と家族はいつも驚かされてたんですよ。

最近「ああ、これは弟に聞けばわかることなのにな」って思うことが多くて、知識の宝庫を失った感じです。
そこで思ったんだけど、やっぱり人が亡くなって失われるものってその人の知識もそうだけど、他にも経験や考えたことなど、脳に詰め込まれたものが全部失われるんだよね。


▽コメント一覧(2)

[ 2005年02月19日 22:11 ]
生死死の実感 

僕は身内の死は弟が初めてでした。

両親や祖母も健在。祖父は他界してますが、僕の生まれる前でした。ということもあってか最初は正直実感が湧かなくて。

年中弟の介護に明け暮れていた生活がピタリと止まる。

その意味がわからない。

弟がいないっていう意味がわからん。

俺は生きてんのに。親でさえ生きてんのになんで弟が先に逝くの。

目の前にあるリンゴを無いと言われても納得がいかないように、僕のこれまでの人生のほとんどを一緒にすごしてきた弟がいないとか言われても「何言ってんの」としか言いようがなかったです。


トラバ(0) | コメント(-) |編集

[ 2004年08月14日 02:43 ]
生死死ぬまでにしたい3つのこと 

余命2ヶ月。死ぬまでにしたい3つのこと。あなたは何をしますか?


[ 2004年08月03日 14:16 ]
生死自殺者数過去最悪 

これもちょっと前(7月24日)に書いてアップしわすれた雑記なんですが。去年の自殺者は(この雑記を書いた時点では)3万4427人で過去最悪だってさ。

去年は俺にとっても、シャレ抜きでシャレにならない年(゚Д゚)?だったので、一歩間違えれば自殺者数は3万4428人になっていたかもしれないと考えると恐ろしいです。

あ、いや、別に自分の死をほのめかしてるわけじゃないですよ。

ただ、人生において死への意識というものは誰の中にも存在して、そういうことを考えるということ自体はおかしなことじゃないでしょう。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。