[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2001年04月18日 17:36 ]
イラスト満心創痍 

「シン」の字が違うのはわざとね↑

ココロガイタイ

20050203173643.gif


当時、自分のトレードマークか何かにしようと思って色々考えたけどあんま変わらなかった。

スポンサーサイト

[ 2001年04月11日 22:11 ]
社会家庭と社会進出 

「女性はおうちで家事をするべきだと考える派ですか?」てな質問を受けました。

この際、いい機会だしこの場を借りてこれについて答えちゃうのだ。
一概に言いきることはできないけど、二者択一を迫られれば答えは「YES」かでしょうか。女性は家事をこなした方がいいと思う。

「女性は」って言い方をすると差別的な印象が強いかもしれんが。
別に女性じゃなくてもとにかく誰かが家庭を重視して管理しなきゃいかんでしょう。
そういう存在が必要だと俺は思うんです。

それがたまたま社会的な傾向として女性の役割となってしまっていることについてはさらに検討する必要もあるだろうし自己中心的な男性の都合のいいたわごとと言われればそれまでだけど、男性、女性にはそれぞれ適したものっつーか、本能的なものに関わる分野ってものがあるような気がするんですよ。

確かにその根拠が挙げられないと何の説得力もないんですが(女性でもバリバリにいい仕事してたり、男性でも家庭の仕事をこなせる人もいるだけに)。

でも(根拠がなくても)家庭の管理に適した能力を兼ね備える傾向にある者がそれを行う、そしてその人が行う家庭とのふれあいが、家族の成長に大きくつながるんじゃないかと俺は思います。
ところが外での仕事があるとそれがなかなかうまくいかないわけでしょう。

そもそも世間が今みたく変わったのは女性が社会進出するようになってからだと俺は思っている。

またここで「女性が」と言ってしまいましたが、元々男性が外で働くことになっていた社会の傾向を前提とするとこういう言い方になってしまいます。

正しくは、男性が、とか女性が、という問題ではなく、男性も女性も外で働くことで家庭の管理に手が行き届きにくくなってしまった。



[ 2001年04月07日 02:27 ]
社会マスコミと俺 

20050203173628.png
昨日の記事
の続きです。

つまり非情になりきることもマスコミをやっていく上での才能なわけでこれについて語るにあたって、苦い思い出がある。

何度も言うけど以上のことは相当俺の偏見の入った批評であることは否めないですよ。わかってはいても中にはひどいマスコミもいるわけで言えずにはいられなかった、というクチです。


[ 2001年04月06日 22:03 ]
社会マスコミ批評 

20050203173643.gifマスコミって職業自体はなくてはならないものだとは思うけどね。

俺は概して彼らが好きじゃないです。やはり世の中には一部、心無いマスコミ・報道関係者が跋扈している。

長寿健康姉妹で有名だった今は亡き金さん銀さんのうち、金さんがついに他界した時。ワイドショーをたまたま見てたらマスコミが銀さんに、
「金さんがいなくなって淋しいんじゃないですか!?」
とか訊いてた。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。