[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2002年01月24日 13:45 ]
PC・ネット絵文字が許せない。 

20050125044229.jpgカテゴリをネットマナーにするほど深刻な話じゃないんですが。

じじくさいこと言うようだけど俺はまだ20代前半です(爆)。

携帯メールの絵文字が許せない。誰がどんなメール打とうが勝手だけど見にくいったらもう。

★例外★
絵文字といっても、感情を表現する手段として、文末に挿入するのはOK。左図の例だと「だれかさそっといて♪」の音符マークとか、一番最後、文末に顔マークを入れるやつ。
(ほんというとこの四角いクチが気に入らないけど)
こういう使い方はいい。

スポンサーサイト

[ 2002年01月16日 20:44 ]
夢日記デジャ・ヴュ 

夢を見た。中学時代の友人、ま・くべりん氏と一緒に、テディーさんの住む北海道へ遊びに行った夢でした。僕らは色々な観光名所を回り、北海道旅行を楽しみました。


最近僕は、「冬、北海道にスキーいけるかあ、金ないなあ」みたいなことを考えていたので、こういう夢につながったのかもしれないです。


そして、僕ら3人がとある道にさしかかったとき、僕は気づきました。財布がないことにね。


これはやばいってんで、みんなして俺の財布探しへと事態は急展開。


広い北海道を、歩いて俺の財布探しの旅へと変容しました。


しかし、いざ財布を捜そうとなると、なぜか体が重い。まるで地球の重力が何倍にもなったかのように、一歩一歩歩みを進めることすら一苦労するありさま。



[ 2002年01月15日 23:21 ]
イラスト心を引き裂く図 

ドスドスドス・・・


ザン!・・・みたいな。



CDのジャケットみたいだ、というような評価を当時いただいた覚えがあります。多分2002年とか01年とかそのぐらいに描いた絵(現在2005年)


[ 2002年01月13日 20:39 ]
夢日記軍隊ゴキブリが現れた 

夢の話です。

先日書いたバイトの夢と同じバイトの夢を見ました。

やはり、一度辞めてしまったものの、再び採用されることになった僕(よほどの未練があると見える。この10ヶ月で再雇用される夢を今まで何度見たかと問われたら、数えられない。10や20は軽く超えてます)。


で、僕がいつものように仕事をしていると、なんと、足元をゴキブリが一匹・・二匹・・3匹・・・4匹・・・・


始めは、「これもリアリティを追求した、お客さんへの新しい演出効果のひとつかな?」とか思ったら、ほんもののゴキブリでした。


入り口からどんどんゴキブリの群れがカサカサと入り込んで来る。

そのバイト先は演出のため、あたりがうす暗くなっているので、お客さんたちはまだ足元のゴキブリに気づいていない。


僕はゴキブリが死ぬほど嫌いだけど、ここはサービス業命の職場、俺がとりみだすわけにはいかない。気絶しそうだったけど、もしここで気を失って倒れたら、このゴキブリたちが僕の体にむらがってくるかも、とか考えたら、意地でも気を失ってたまるか、と耐えました。


[ 2002年01月12日 19:49 ]
夢日記摩訶不思議アドベンチャー 

夢です。

なぜか僕は船の上でした。どうやら北朝鮮に拉致られたらしい(爆)。の、割には、豪華客船なみにばかでっかい船だった。それこそ炊いたニック(炊くな)くらいの。


船の上にはたくさんの人がいました。そこで知り合った、外国人のナターシャという人がいて(どっから来たんだ、この名前・・・=▽=)


[ 2002年01月11日 19:33 ]
夢日記バイト 

今日も夢を見た。昔僕がやってたバイトの夢です。もう辞めてから1年近くが経とうとしているのに、よほどあの仕事に命を賭けていたせいか、未練があるのか。

やはり僕は「今更」というような夢を見ることが多い。

一度そのバイトを辞めた僕だけど、夢の中では再び採用されることになり、またあの職場に復帰することになった。

が、僕が今まで所属したことのない配属先で、しかもなぜか研修すらも受けさせてもらえなかった。

そしていきなりぶっつけ本番で職場に出ました。

どうすればいいのかわからず、僕はバイトの同僚に、僕が今、何をすべきなのかを聞いてみました。


[ 2002年01月10日 19:16 ]
夢日記水中訓練 

気が付けばそこは岩手のホテルでした。 

場所:岩手県某ホテル

俺は友人二人とそのホテルに泊まりに来てました。二人とも年の頃は俺と同じくらいの男女だったけど、夢の中では彼らが友達であるという認識があったが、現実の世界では全く知らない、夢の中だけの人物でした。

登場人物
1僕
2友人・男(僕とタメ?)
3友人・女(僕とタメ?)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。