[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年05月28日 05:05 ]
管理人脳内身内にブログ公開するかも。 

最近パソコンを触り始めた僕のいとこ(既婚・女)が、僕のブログを見たいと言っています。

うム・・・ど、どうしよう(爆)。
いや、別に抵抗あるとかイヤだとかじゃないんですが、今まで結構好き放題色んなこと書いてるからな。

本性丸出しのネット上の僕を身内に見せるのは、向こうにとっても「知らない方が幸せだった」的な部分もあるだろうし、迷いどころです。

スポンサーサイト

▽コメント一覧(3)

[ 2005年05月26日 20:47 ]
管理人脳内 

もはやうちのサイトというかブログはSHOW的な価値は意識の外に追いやり、「人が見て面白いと思うもの」より「自分が書きたいことを書く」というコンセプトが強いというようなことは今までにも何回か書いたけど。

関連記事:
ホームページとかブログのマイブーム
皆は何のためにサイト運営してる?


それでもやっぱりただ手元でワードとかにひたすら文章を書いて保存しておくだけじゃなく、ネット上で公開形式をとっているのは、何だかんだ言って「誰かが読んでくれるかもしれない」という未必の故意的な期待感があるからなんだろうな。

あまり認めたくないけどこの形式をとってるからには否定できない。


[ 2005年05月23日 20:31 ]
恋愛全般自分にとって必要な人 

必要な人はどんな人?


という質問をメールでいただいたので改めて考えてみる。

僕に必要な人は、幼い頃から特別な境遇で育ち、世の中に理解されにくい痛みを知っている人だな。

しいて言うなら「優しい人」なのかもしれないけど、ただ優しいだけじゃダメだ。

相手のことをどんなに思いやれる聖人クラスのいい人でも、その人本人が痛みを体験していなくちゃ、気持ちを分かち合うことは出来ない。

酷な言い方かもしれないけど、ごく当たり前の環境、家庭に育ち、身内全員が健康な身体にめぐまれて育ってきた人とは、気持ちを共有できるとはもはや思えないです。

ドラマや映画が流行する昨今、健康や命の重みを何か間違って、ただ漠然と美しいものとしてしかとらえられない人があまりにも多い気がするんだよね。
人生を二時間ドラマと一緒にされちゃ困る。

別にそういう一般の人たちが悪いわけでも罪なわけじゃないですけどね。僕自身がそう考えるようになっちゃってるってだけ。
人それぞれ好みのタイプがあるのと一緒ですよ。相手が悪いわけじゃないけど自分とは合いそうもないというだけ。

そして例え、自身や家庭に何らかの事情を抱えた環境の中で生きてきた同志だとしても、それを言い訳にしてすでに捻じ曲がった生き方になってしまった人もダメだけど。

まぁ僕自身まだ立ち直れていないというのもあるから、今後またどういう考え方に変わるかはわからないけどね。
ひとまず現段階ではこんな感じです。

生きてきた世界が違うよ。


[ 2005年05月22日 07:06 ]
時代・世代ジェネレーションギャップ2 

昨日夜勤に僕が出勤したとき、最近入ったらしい新人の女の子が入ってました。

彼女は何かと僕に気をつかってくれてるようで、

「ぶ、豚串、廃棄処分にしたんですけど、食べますか?」
とかいきなり聞かれたのね。

まあ、期限の切れた食い物を店員が食うのは日常茶飯事なんですけどね。気が向かなかった(というかダイエット中なので)ここは

「冷めると固くなるし、俺はいいよ」と断りしました。

ところが向こうの食いつき方がすごい。

「でもまたあっためればいいですよ」
「えっ、マジで?別にそこまでして豚串食べたいとは思な・・」
「残しておきますよ。」
「あ、いや、だから俺は別に」
「あとで食べてくださーい」
「ど・・・どうもありがとう_| ̄|○」

こう言っちゃ何だけど、結構地味なカオしてるんですよ。まあ僕は好意は好意として受け止めるタイプなので別に迷惑とか思わないんですが、ただ単純に僕の思考とのあまりの違いにとても驚いた。
よくそこまで強く押せるなってひたすら(゚Д゚)ポカーンというか。


[ 2005年05月19日 13:40 ]
時代・世代ジェネレーションギャップ 

「全く近頃の若いもんは・・・」っていうセリフは今や決まり文句になってますけどね。

こういうようなことを最初に言い始めたのはいつ頃か。

実は歴史時代のはじまりであるエジプトの碑文からさえこの言葉が解読されているらしい。

つまりその頃から「近頃の若いものは」「近頃の若いものは」と歴史上繰り返され、古い世代が常に若い世代に失望し続けていたとしたら、社会もそれと比例して衰退していくのが筋ってもんです。

でもほんとに人間は世代が新しくなるごとに見下されていくほど愚かな道を歩んでいったのかというと、事実がそうとは限らない。

「まったく、大人は子供のことをわかっちゃいない」
「大人は薄汚い」

という若い世代の声もあるわけですよ。

ほんとに若い世代が古い世代に失望していたとしたら、社会は若い世代によって歴史上改善され続けていなくちゃおかしい。

古い世代と新しい世代。
言ってることが正しいのはどっちか。

なんでこんな矛盾が生じてしまうか。言うまでもなく物事を客観的に見る視点を失って自分中心になってるからだろうな。

大人と子供は別の生き物ではないけど、それぞれ自分がいずれ大人になることや、自分がかつて子供だった頃のことを忘れてしまう。


[ 2005年05月15日 15:10 ]
夢日記舞台で跳び箱 

夢見た。

なんか舞台は中学で僕も中学生でした。
僕が風邪で学校休んでる間に、なんか文化祭みたいなイベントで何かをやることになってたらしくて、うちのクラスは体育館の舞台の上で跳び箱をやるんだって。

舞台で跳び箱やって見てる人が面白いわけないだろーが、とか思いながらも、もう決定したことだから僕もやることに。

それは男子のみの参加で、組体操とかやる時みたいに全員上半身すっぱだかで、下は体操着の短パン。
・・・イヤなものを夢に見ちゃいました。

でも、僕が上を脱いだら「おっ、いっべー以外と体できてんじゃん」とか言われて「え?そう?」とかヘラヘラしてみたり(最近筋トレやってるのでね)。


[ 2005年05月10日 14:46 ]
夢日記豪華客船カラオケ大会 

先日、テレビで菊川怜と篠原ともえが豪華客船でカラオケ歌ってるのを見て多分それの影響だと思うんですが、豪華客船の旅が当たった夢を見ました。

乗客は何百人もいるんですがなんか皆仲良くなって、ビリヤードをやる人、デッキのプールに入る人、カラオケに行く人、というふうに各グループに分かれたものの、カラオケに行く人は総勢50人以上はいて、僕もカラオケ組に参加。

じゃあみんなで歌いに行きましょう、と、ワラワラと移動してたどり着いたのはバカでかいホール。50人いてもまだ余る。

ボックスに分けられるんじゃなくて、このホールでみんなの前で歌うのか。うむ。これはこれでおもしろそう。

しかしなあ、俺の持ち曲ほとんど槇原敬之だしなあ。多分知ってる人は結構限られてるよなあ、うーむ。
とか考えてるところに登場したのは最近会ってないが昔の友達。

カラオケのキーについてはこちらの記事でも分析しましたが、女性ヴォーカルの曲は男には低いけどまぁ歌えるレベル。だから僕は問題なく歌えるんですが、しかし女の喉でプロの女ヴォーカルの歌を原曲キーで歌うのはなかなか難しく、特に浜崎あゆみやglobeともなると女の子には困難を極める。

しかしここで遭遇した彼女は僕の知る中で唯一globeを原曲キーで歌えるカラオケの達人でした。

「えー!お前もこの船に乗ってたのかー!」

とか盛り上がったあとに

「ぼ、僕とglobeのデュエットしてください!」

と、プロポーズ張りの申し出。

「うむ、よかろう」

くっ。人が下手に出れば・・・(=皿=)


[ 2005年05月07日 16:07 ]
夢日記くりーむしちゅー 

夢見たんだけどさ。

なんか。

バトルロワイヤルみたいなサバイバルゲームが行われるんだけど、その中にくりーむしちゅーの上田が選ばれてね。

彼、一ヶ月ぐらいボロボロになりながら何とか生き抜こうとするんだけど、食糧にありつけなくてビルの廃屋で餓死しちゃって、テレビでそのニュースが報道されるの。

で「・・・上田死んだか・・・」とか言ってる夢。

【ランキング】誰か僕の脳みそ診てください


[ 2005年05月02日 15:54 ]
ネタ写真マージャンパイストラップ 

neta0054.jpg

【ランキング】邪魔。



[ 2005年05月01日 17:01 ]
風景写真孔雀 

maji0073s.jpg孔雀。いつだかダチョウ食いに行ったときにコイツもいた。載せるの忘れてたよ。

【ランキング】孔雀は食べなかったけどね(爆)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。