[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年12月20日 01:06 ]
君は僕の宝物槇原敬之/涙のクリスマス 

B00005HF23君は僕の宝物
槇原敬之

WEAミュージック 1992-06-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


曲:涙のクリスマス 歌詞(歌マップトップページ)

しかし面白いカオだな。

・・あ、いや、失敬。

なんかフツーの失恋ソング。
普通に切なくていい曲なんだけど、ただそれだけですかね。
槇原ならではのとんでもなく切ない描写ってのがこの曲には伺えず、別に嫌いでもないけど特別思いいれもないのでカラオケでも歌ったことないんだけど、曲調は好きかな。

半音がやたら多くてそれがちょっと切ない感じがする。

スポンサーサイト

[ 2005年12月19日 23:52 ]
どーでもいい音感 

僕は今もカラオケが好きですが、ガキの頃から童謡とかアニソンとか、そりゃもうよく歌を歌う奴だったらしいです。

小・中学校の音楽発表会だとか合唱コンクールとかもわりと楽しんでたし、一般的に流行してるニューミュージック以外にもクラシックミュージックとかも中坊の頃から純粋に楽しめてたので、流行とかとは関係なく音楽そのものが好きなんだろうな。

でもそのわりには楽器は弾けないし楽譜も読めない。

めんどくさいことと努力が嫌いなので、「学習・知識」っていう域になっちゃうと音楽に関してはとんと疎い。
感覚的に、単体として音楽そのものが好きなんだろう。

クラシックもメジャーなものなら曲名もわかるけど第何番変○長調とか色々出てくるともうダメ。

最近の音楽も誰が歌ってベースが誰でドラムが誰で、とか、そーいうのはもうどーでもいいんだよね。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。