[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2001年04月06日 22:03 ]
社会マスコミ批評 

20050203173643.gifマスコミって職業自体はなくてはならないものだとは思うけどね。

俺は概して彼らが好きじゃないです。やはり世の中には一部、心無いマスコミ・報道関係者が跋扈している。

長寿健康姉妹で有名だった今は亡き金さん銀さんのうち、金さんがついに他界した時。ワイドショーをたまたま見てたらマスコミが銀さんに、
「金さんがいなくなって淋しいんじゃないですか!?」
とか訊いてた。


・・って、淋しいに決ってるやん。
淋しくないわけねーのわかり切ってんのにどーしてぬけぬけとそーゆーこと訊きますかね。

ネタのために相手の気持ちなんざ微塵も考えていやがらねえ。
よくも平気なつらしてそんなことが訊けたもんだな、と俺は憤りに身をこがしてテレビの電源をぶち切った覚えがあります。

近頃でも、さまざまなおっそろしいニュースをテレビで耳にするけど、ワイドショーを見てるとひどい。

彼ら報道陣は、直接事件にかかわってしまった被害者やその関係者、遺族の気持ちを汲んでやる配慮にあまりにも欠けてると思う。

世田谷一家全員殺害事件などでも、わざわざドキュメンタリー式のシナリオを作成して、まるで推理小説の舞台でも演出しているかのよう。

マスコミとは世間で起こった出来事・事実の情報をを正確に聴衆に伝えるものじゃなかろうか。舞台をおもしろおかしく演出する必要性はまるでない。こんな文化を持つのはおそらく日本だけじゃないすか?

先に述べた世田谷一家全員殺害事件の報道で一番びびったのが、わざわざ記者会見まで設定して殺害された子供の通っていた幼稚園の先生にまで、被害者の子供の生前の話までさせて、俺にはそーいった会見の内容にしたてあげる彼らの人間性を疑わずにはいられなかった。

まあ、報道の仕事なんて数字が全てだからな。
他の局より高い数字とるには誰もが必死で、少しぐらい非情にならないとやっていけない商売なのかもしれない。だとしたら俺にはこういった職種は向いてないな・・・。

数字って人を狂わせるから嫌いだ。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/1-4d971422














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。