[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2004年08月31日 09:18 ]
総合槇原敬之【槇原】槇原VSスモップ 

槇原ってジャンルはさすがにアレだと思ったので「音楽」というカテゴリをブログに追加しました。

槇原敬之NEWアルバムEXPLORER
。ここ数日間聞いてますけど(・∀・)イイ!!
↑リンク先のレビュー見てくださいよ。ほとんどの人が星の数満点です。5個中4個の人もいるけどまあそれもよし。
オススメは「優しい歌が歌えない」「夏は憶えている」「Tag Team」「武士は食わねど高楊枝」「君の名前を呼んだ後に」・・・・っていうか全部。

槇原は家族とか命とか一見あたりまえにしか感じられないありがたみなどをテーマにした曲が多くて、そこらの色ボケネタばっかでうつつぬかしてるアーティストよりも、本当に大切なものが何かをわかってるって感じがするのですよ、うぇっへっへ(<ファン独特の偏った見解)。

最近、家族にも槇原ウィルスを撒き散らして洗脳しつつあるので、家族ぐるみで聞いてますぜ。

で、スモップが歌ってた「世界に一つだけの花」はなぜか好きじゃない、みたいなことを以前にも何度か書いたことがありますが、あれはこの槇原氏作曲なわけで。「まー言ってることは槇原っぽいけど、なんか好きじゃないな。なんでだろう」と思ってました。で、今回のアルバムの中にその曲が入ってたわけなんですね。

そして家族みんなそろって「やっぱ槇原が歌うといいね」「うん。やっぱり歌がうまいよね」と、槇原が歌った途端に「世界に一つだけの花」に目覚めてみたりしました(<ファン同士独特の偏った見解)



でも以前、槇原がテレビで言ってました。
「この曲は僕が歌ってもここまでヒットはしなかったはずです。スモップが歌ったから良かったんですよ」

・・・もうね。この謙虚さが違うね。
まー確かにこの曲を槇原とスモップが歌ったのでは差は歴然としていたのは認めます。ただ、僕は思うわけです。

別にこの曲とスモップの相性が良かったというより、どんな曲でもスモップが歌えばヒットする仕組みじゃないのかと。スモップファンが聞けばスモップが歌ったほうがいいのは当たり前。槇原ファンが聞けば槇原が歌ったほうがいいのが当たり前ってことです。そして最も音楽に関心のある若い世代の女性に圧倒的な支持を得ているスモップならファンの規模的に比較すれば明らかという罠。あはは。

というわけで僕は果たし状を送りつけます。スモップに。
スモップと槇原、両方に全く関心の無い人間(しかも「世界に一つだけの花?ナニソレ?」というぐらいの次元の人間)100人に両方の歌を聞かせてどっちが支持を多く得るか!受けて立つべし!!!(`・ω・´)
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/171-4eff5f15














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。