[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2003年11月01日 23:34 ]
人間思い出の残し方 

従姉の結婚式に出席してきました。

新婦がお父上と入場してくるとき、デジカメで写真をとりまくろうと思ったんですけど、どいつもこいつもみん~~~なカメラを構えて、肉眼で見ようとしてる人が誰もいない。


コレは、新婦側の視点から見たら、あまりにも滑稽すぎやしないか?と思ったらなんか急に恥ずかしくなって、式の途中ではあんまり写真を撮れませんでした(つか、撮りたくなくなりました)

いつだかフランスに旅行に行った時、美術館とかに行くとカメラを構えた日本人であふれていて、誰も肉眼で芸術作品をめでようとする人がいなくて、その時を想起させました(フランスでは日本と違ってフラッシュたいたりしなければ撮影ができる美術館が多い)。

しかもこういうのって日本人だけで、他の外国人は目で見て楽しむほうを重視する。これも異文化の一つと言えるんすかね。

結婚式で、最初は俺も写真撮る気満々だったのでデカイことは言えませんが、「日本人って恥ずかしいなあ」とか、新婦が感動の涙をこぼしそうになってるとき、俺はそんなことを考えていたということはここだけの話ということで。

でもそのあとで家族のデジカメ画像を見せてもらったらスゲー綺麗で、あーやっぱあの時俺も撮っておけばよかったなーとか思いましたけど。

そこらへん、やっぱ俺も日本人な。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/21-ef57a427














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。