[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年03月02日 03:24 ]
男女男の友情・女の友情 

ある記事を見つけて、その感想でも。

リンク貼ったりトラックバックくれてやったりしたいところなんだけど、主に批判なのでね。よくも悪くもリアクションとられるとあとあとめんどくさいので(向こうがどう思おうと僕はこう思うというだけなので)、ネタ元はここで紹介しないでおきます。

ちなみにたまたま通りがかったブログで読んだ記事で記事作成者と面識はまったく無いです。

記事作成者は女性。
こんな感じの記事ミツケタ▼

つきあってる男に「男の友情」について語られたそうな。話を聞いてみると、男の友情を鼻にかけるような感じで、自分を含め、女性がバカにされたようでカチンと来たそうな(女の友情は薄っぺらいとかそんなようなことでも言われたのかな?)。

ある日、そのカレシの話に出てきた親友の結婚式に、彼氏が招待されたんだと。

彼女は彼氏に尋ねたそうな。
「彼女いるって知ってたの?」

知らなかったと答えた彼氏に彼女は意地悪して言ってやったんだと。

「あんなに自慢してた親友なのにそんなことも知らなかったの?おやおや、それはなんだか話が妙ですなぁ?親友じゃなかったのかしら、おほほほ」

みたいな感じで。


以上、概要。さて、ここから感想に入る( ̄ー ̄)。


彼女はここぞとばかり、ざまあミロと彼氏にツッコミ入れてやったのかもしれないけど、僕に言わせりゃそんなの的外れ。

いや、知っての通り、僕は女の考え方には敵対しやすい人なのでまたここで女性陣に敵意剥きだしにしちゃうんですが、女って親友だったら何でもかんでも相手に話さなきゃいけない存在みたいに勘違いしてる人って随分多い。

僕が高校だか大学時代だったかなあ。
こんなことがあった。

友人Aさんから聞いた話なんだけど、Aさんの友達のBさんとCさんがいて、彼氏が出来たことを親友であるはずの自分に話さなかったという理由で、女の子B・Cさんが絶縁に近いほどの大喧嘩しちゃって、Aさんは困り果ててる、という話でした。

もう、おかしいって、絶対。

男だったらそんなことで絶対ケンカしねーって。

常に連帯意識で結ばれてないと気がすまないのが親友かっつーとそれは違うと思うのね。

男同士の親友ってのはいつでも何でもない時にそばにいても、不必要に自分のことを話したり押し付けたり、あるいは相手の領域に足を踏み入れたりしないもんよ。

別に「そうあるべきだ」とマニュアル的なことを主張してるんじゃなくて、結果的にそういう関係にある人が多いっていうこと。

悩み事なんかもどーしたどーしたと騒ぎ立てたり同情寄せたり一方的にするのは女だけだな。

男も心配はもちろんするものの、手を差し伸べてやるのは、苦しんでる本人が踏ん張って立ち上がろうという姿勢を見せた時だと思うし、これについては俺もそうあるべきだと思ってる。

そして、手を差し伸べてもらう側も、それを望むことが多いと思うが、俺だけだったらどうしよう。

男女それぞれの友情の定義がそもそも違うようだから、なんだかあれこれ言い合うのも無駄な気はするけどね。

僕の言ってること間違ってる?
スポンサーサイト

▽コメント一覧(2)

男女、と言うことは抜きにしても、「友情」をどうとらえるかコンセンサスがないと話にならないというのは仰る通り。また、比較的多くの男と女が、友情に関していっべーさんのいうような違いをもっていることもとりあえず認めましょう(まあ、「傾向」程度のもんでしかないとは思うけど)。認めた上で言わせてもらえば、あれこれ勝手に世話を焼きたがる相手は確かにうっとうしい時の方が多いですが、そういう「優しさ」に救われる時って言うのも、人にはあるものだと思うですよ、経験上。

ちなみにオレは他人の悩みに対して「話してこない以上突っ込まない」ことにしていますが、それは「放っておくのも優しさ」だからでも「相手が立ち上がる気になるのを待っている」からでもなく、ただ単に「面倒くさいから」です(爆)
[ 2005/03/03 14:35 ] [ 編集 ]

>けいりんさん

>そういう「優しさ」に救われる時って言うのも、人にはあるものだと思うですよ、経験上。

このへんは以前中島フランクさんやかつみさんとも話したことがあるんですが、そういうものに救われる種類の悩みや問題と、そういった優しさとかいうものが決して及ぶことが出来ない域ののもっていうのもあるんじゃないか、って気がするんですけどね。
誰もが多かれ少なかれ経験するような範囲ならきっと人の助けが嬉しく思えたりそうじゃなかったりというのは個人差の問題だとは思うけど。
個人差の問題の先には抱える問題の種類に基準がおかれるのでは、というような。

>「面倒くさいから」です

んー、どうでしょう。自分からベラベラしゃべらない人ほど強い信念とかあったりするような気がしてならない(笑)。
[ 2005/03/04 00:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/371-833b3819














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。