[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2002年12月17日 19:28 ]
夢日記トレーラー大暴走 

この物語は俺が見た夢で、
実際の出来事、個人・団体名とは一切関係ありません。


ピーチガールっていう漫画に岡安っていう男がいるんですけど。そいつと、あともう一人、誰だか忘れたけど女の子と一緒にいました。


3人で高速のドライブインにとめてあったトレーラーに乗り込むと、岡安はトレーラーを走らせる。


俺たちはなぜか慌てていた。後ろから追っ手か何かが来ていたとかそのためだと思う。


しかし渋滞に巻き込まれる俺ら。



「えーい!」と岡安が叫ぶと、渋滞で止まってる車を次々と踏み潰しながら巨大トレーラーでそこらへんの車の上を走りぬける。


俺はそれを見て「おいおい、マジかよ」とか思ったけど、さほど慌てる様子はなかった。


高速を降りるとトレーラーのその巨体でドリフトをかます岡安。


場面は高速道路に変わる。俺たちを追ってきた追っ手が、あるところに車を止めて頭上を見上げている。


「く・・・やつらは高速をトレーラーで暴走しながらこんな芸当をやってのけたのか!」


と、追っ手の一人が唖然として言った。



彼らの頭上には高速道路によくある支持標識。そこにはくっきりと手形が残っていた。岡安のものと思われる(つぅか、ナンデこんなことに唖然とするのかわかんないんですけどね。別にどーでもいいじゃんって感じですが)


トレーラーを運転して暴走させながらどーやってこんなところに手形をつけられるのかは確かに不思議だが、こんなことをして何の意味があるのかはわからない。
が、この常軌を逸した事態に追っ手たちは息を呑んでいる。


そして場面は逃走中の俺たちのところに再び戻る。



気づけばそこはネズミの遊園地(爆)だった。よし、この人ごみの中に紛れ込もう、という岡安の意見に乗じて、俺たちはそれぞれバラバラになってネズミのテーマパークに入園。


しかし追っ手の組織と、このパークの係員たちがグルだった(爆)。しかも高速道路で車を踏み潰しながら暴走した凶悪犯扱いされ、仕事中のはずの係員たちが一斉に俺を負いかけてくるじゃないか。



くそー、暴走したのは岡安なのにぃ~!とか思いながら一応このパークの構造を把握し尽くしている俺は、逃げに逃げまくった。


しかし係員たちの数は半端じゃない。俺を追いかけてくる係員の顔には知っているものもあった。行く先、行く先に先回りされて、もはやこれまでかぁ~~~~~!!

と、思った時に目が覚めた。

【ランキング】(゚Д゚)ポカーン
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/529-b12512bd














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。