[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2004年03月20日 21:31 ]
夢日記運動会殺人事件 

舞台は中学校でした。そしてどうでもいいことだが、そこでは「体育祭」ではなく「運動会」という呼称で催し物が開かれていた。俺の精神年齢の低さの象徴だろうか(爆)。



どういうわけか運動会には警察らが厳重な警備についてました。
そこらへんを警察官がうろついている(これはおそらく、先日テレビで、日本に対するテロ予告で鉄道などの警備の強化の話題が報道されてて、それが印象に残って夢にも現れたものっぽ)。



で、なんでだか忘れたけど俺、このウロついてる警察が偽者だってことを見破るんですよ。夢で。そんでそのニセモノ警察に追いかけられました(昨日、スパイキッズ2って映画がテレビでやってて、なんか色んな敵に追いまわされるシーンが夢にも反映したんだと思うけど、)。



この年になってあまり想像したくないけど、俺、体操服姿でした。
運動会の最中だったから。そんで、俺の仲の良かった女の子と思われる女友達も体操服姿で(爆)、俺が彼女を連れ回してニセ警察から逃げるわけですが、この人、今思い返してみると全然知らない人だった。
夢の中限定の登場人物だったっぽ。ちっ、昔好きだった子の体操服姿だったらよかったのに、とかいう話は置いといて。



そしてついに体育館の裏まで追い詰められた(多分これは、かつみさんのサイトの日記で「体育館の裏」というフレーズが出てきて、中学校の体育館の裏を連想したからそれが夢に出たものと思われ)。



ある程度の敵は巻くことができたけど、ここまで5人のニセ警官が追い詰めてきた。
おのれぃ、こうなったらこれだけは使いたくなかったが最後の手段だ!と、俺は(なぜか)短パンの中から拳銃を取り出し、銃口を奴らに向けた!(このあと、一体どうなってしまうのかー!?)



「くっ・・・できねぇ・・・俺には人を撃つことなんて、とてもできねぇー!!_| ̄|○」

ニセ警官「ふ・・どうした、撃つんじゃなかったのか?では正しい拳銃の使い方を教えてやろう!!」 (<なんだこの、ベタベタのアニメの悪役みたいなセリフわ(´Д`;))



そう言うとニセ警官の一人が腰から素早く拳銃を抜き取り、ガーン、ガーン!と、連射しました。
夢だから「何で?」とか聞かれたら困るんだけど、彼は自分の味方であるはずの他の4人のニセ警官を撃ち、そして俺の腹部も打ち抜いた。



「がはっっ・・・!!」
俺は、自分の腹部から吹き出る血を見つめながら考える。

「撃たれた・・銃で撃たれた・・・!!俺はもうここまでかもしれない・・・だが!!」

そう、俺は一人の女の子を連れて逃げ回ってるのでした。俺がここで倒れたら彼女の命すらもあやうい。もうこうなったら人を撃つことができないとか、泣き言を言ってられない。

俺は地面に倒れ込む直前に、夢中で俺を撃ったニセ警官に向かって引き金を引いた。弾は見事、相手の腹部と右肩を貫き、相手は地面に倒れ込みました。

かっこいい(爆)。


で、気がついたら周りには、倒れこんだ相手の警官と俺の二人だけでした。
一緒に逃げてたはずの女の子がいなくなってたんだけど、夢だから別に変とも思わず、最初から1対1で戦ってたかのように、俺の頭の中からも彼女のことは消えてました。



相手が必死になって起き上がる。俺もまだかろうじて動くことぐらいはできるようだ。お互い、弾はもうない。とにかくこの怪我で格闘をするのは無理だ。

俺は逃走を試みる。俺が受けた弾は腹部を貫通したのだろうか、まだ体内に残っているんだろうか、なんてことを考えながらも、貫通しているかどうか背中をさわって確かめる勇気はなかった。



そして何とか保健室にたどりつくが、保険の先生は見たこともないお兄さんだった。「ちぃ、野郎か」とか思いながらも、銃で撃たれた旨を先生に話す。



「あらまー」とか言いながら先生はなぜか俺の耳掃除を始めた(わけわからん)。
「いや、耳掃除はいいから、応急処置と、119番通報してくださいよ!!(泣)」とか言ってみるけど意味ない。



そこへ、懐かしい顔ぶれが保健室に入ってきた、当時、中学卒業以来、会ってもいないような人たちばっか。なんで彼らが夢に登場したのかは全く不明。
彼らは「おー、いっべー、こんなところで何やってんだ、何、銃で撃たれたぁ!?大変だなあ、いっべーも」
って、リアクション薄っ!もっと心配してくれ(泣)。



俺「向こうにニセモノの警官がいる。奴も負傷してるはずだけど、相手は凶悪だ。みんな気をつけろ!」
友A「え、ニセ警官!?どこどこ?」
俺「あっちだ」
友B「こっち?」
俺「違う!あっち!保健室出て左!」
友A「右だってよ」
友B「右か」
俺「ちがーう!左って言ってんだろ、おい!左行って、校舎の一番右奥のほうにいるはずだ!」
友A「え・・・手前?」
俺「O---KU---!奥だよ奥!人の話を聞けぇー!!」

まったく要領を得ないこのコミュニケーションは何なんだ、とか思いつつ、出血が増し、貧血を起こす俺。



あー、俺が死にかけてるってのに、保健の先生といい、こいつらといい、どうせ俺が死んでもため息すらもついてくれないんだこいつらは!くそぅ、グレてやる!

とか言ってる夢なんだけど、最近の俺って、もしかしてちょっと寂しがりやってこと?

【ランキング】知らん
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/540-150338e5














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。