[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2004年06月16日 14:18 ]
夢日記ドラゴンボール 

なんか最近よく夢見るなあ。

舞台は俺んちのリビングルームとその隣の部屋にかけて。

誰を相手に戦ってたのか忘れたけど悟空と悟飯とベジータたと俺の4人が「そいつ」と、とにかく戦ってたんですよ。

相手もドラゴンボールのキャラだったかどうかは覚えてない。そして、俺も別に、DBキャラの一人(ピッコロとか)になってたわけじゃなく、俺は俺として登場人物の一人だった。

で、なーんか知らないけどこっちが追い詰められてて、ベジータが瀕死状態になりながら「元気玉を打てー!」みたいなことを言うんですよ。悟飯と俺は悟空にありったけの気をくれてやります。






そんでなんとか敵を倒すことができたんですが、そのための犠牲は大きく、ベジータの体がブリーフ博士(ブルマの父ちゃん)になっちゃうんです。

見た目はブルマの父ちゃんだけど、中身はベジータ。ちょうどギニューのボディ・チェンジを食らったような状態ですかね。

ベジータが「や・・やったな・・お前たち・・!」みたいなことを言った直後に吐血。そしてベジータともあろうものが「た・・・助けてくれ・・・!」と俺たちにせがんできた。

悟空は「わりぃ・・仙豆はさっきの一粒が最後なんだ・・・」みたいなこと言って、とっさに俺は!「集中治療室に運ぶんだ!!早く!!」とか言って(いや、俺んち、集中治療室とか無いっつの)。

「ベジータさーーーん!!」
悟飯が悲痛の叫びをあげる。

ちくしょう・・・どうしようもないのか・・!?ちくしょう、ちくしょう・・・!!とか思ってるときに目がさめました。
夢から覚めた俺の目にはうっすらと涙が浮かんで、その一滴が頬を伝いました(<マジで。ノンフィクション)

つぅかね。実際はもうちょっと面白かったような気がしました。でも起きて下で飯食って戻ってきたら面白いとこだけ半分以上忘れた。

【ランキング】えーっと。俺、今年で何歳だっけ?(爆)
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/573-a83c5a46














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。