[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2004年07月04日 19:40 ]
人間例えば何か一つ、今日起こった「嬉しいこと」を挙げるだけで、その人の人間性の豊かさははぐくまれていくと思うんだ 

ネットめぐりしてたらとあるサイトで、「いいことを書きませんか」みたいなスレがあった。

内容は、「今日は、すごく嫌いな人と暖かい雰囲気になれた。嬉しかった」とか「友達の誕生日祝いをしたら、予想以上に喜んでもらえた。いい気分」とか、かなり他愛のないことばかりなんですが、だからこそ見てる側もちょっといい気分になれました。


やっぱり見ず知らずの人でも気持ちのいい思いをしているのを見ると、嬉しくなるもんですな。

見ず知らずの人が醜い争いをしてるだけで不快になることの裏とでも言いましょうか。

批評、評論も結構。
そういうことが好きな人はそれをやっていればいい。

個人が好きな情報を発信するインターネットのシステムの用途は、確かにもっと有効な活用法があるかもしれないですけど、人間同士のつながりや感性をはぐくむ場として、そういうところがもっと増えてもいいんじゃないだろうか。そんなことを思わされました。

コレは単に嬉しかったことをそれぞれが勝手に書きなぐってるだけですが、それぞれがお互いのことを必要以上に気にかけたりする、俗に言う「馴れ合い」というのも同じ気がします。

俺はなれ合いというのはあんまり好きじゃないんですが、そういうのが好きな人はやっていればいい。

だけど馴れ合いが好きじゃない人が、そういうことをやってる人たちに口出しをしちゃあいけない。

少なくともお互いを傷つけ合ったりして喜んでるような人間よりは数倍まともなわけですから。

愚痴が書ける場所だから愚痴を書くんじゃなく、別の使い方をしようと思える人の心を大切にしたい。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/59-0211c2b0














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。