[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2004年10月08日 15:20 ]
夢日記バイツァ・ダスト 

あー、見たよ、変な夢。
なんだろ。同窓会?小学校の。でも俺、2駅隣りに引っ越しちゃったから、かつての地元に行くには電車か車を使わないといけないんだけどね。でもどーいうわけか夢の中の俺は、

「いや!俺は歩いて行く!」とか言い張ってんの。ばかじゃねーの。

しかも、なんか知らないけどその同窓会、小学校1年生スタイルでの参加が義務づけられてんの。だから俺、(姿形は成人男性なのに)小学校の入学式スタイルの正装とかしてんのね。

もう、ピチピチの半ズボンはいて、ランドセルにはなんかあの黄色いビニールがかぶせてあって、それを背負って、山を越え谷を越え、僕らの町へやってきた いっべー君がやってきた。



で、同窓会が終わると、これがまた俺的にはかなりマイナーなメンバーが集まってさ。まー向こうから見れば俺こそマイナーキャラだけど。そこまで一緒に帰ろうや、ってことに。

男女数名ずついて、小学校の同窓会だったはずなのに、中学で知り合った連中が多かった。

カラオケに寄ったりするんですが、なんか俺よりうまいとは思えない人がえらくもてはやされてたりして「ちくしょう、負けるか」とか頑張ろうとしたものの、この人数で何で一時間なの、って感じで、俺は一曲しか歌えないまま不完全燃焼で帰ることに。


帰り際、かつて好きだった女の子と道が一緒になったけど、何しゃべったか覚えてない。

そんでまた、俺はピチピチの半ズボンにランドセルに黄色いビニールカバーで、山を越え谷を越え、ほこりまみれになって帰りました、っていう話なんだけど、意味不明なだけでオチとか何もなくてごめん。

【ランキング】だってほんとに見たんだもん。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/591-985856b1














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。