[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年05月15日 15:10 ]
夢日記舞台で跳び箱 

夢見た。

なんか舞台は中学で僕も中学生でした。
僕が風邪で学校休んでる間に、なんか文化祭みたいなイベントで何かをやることになってたらしくて、うちのクラスは体育館の舞台の上で跳び箱をやるんだって。

舞台で跳び箱やって見てる人が面白いわけないだろーが、とか思いながらも、もう決定したことだから僕もやることに。

それは男子のみの参加で、組体操とかやる時みたいに全員上半身すっぱだかで、下は体操着の短パン。
・・・イヤなものを夢に見ちゃいました。

でも、僕が上を脱いだら「おっ、いっべー以外と体できてんじゃん」とか言われて「え?そう?」とかヘラヘラしてみたり(最近筋トレやってるのでね)。



で、ステージの上に用意された跳び箱。

しかしただ飛ぶだけじゃない。男子どもが次々とその跳び箱に向かい、まるで流れるように飛んでいく。

跳び箱の前後1メートル以内に人間が3人いるぐらいのスピードで、縄跳びの長縄をやるようなリズムでピョンピョンピョンピョン。

えっ、こんなに早いのかよ、聞いてねーよ、とか思いながら僕もぶっつけ本番で頑張って飛んでる夢でした。

で、実はもっと色々あったんだけど忘れちゃって、目が覚めてから夢日記に書こうとしたときも、「うーん何だっけ、思い出せないなぁ」とか悩んだりしたけど、実はそれも夢で、今度こそほんとに目が覚めても「うーん、何だっけ、思い出せない」とか言いながら書いてるあたり、ある意味正夢でもある。

【ランキング】ついに夢日記に書くところまで夢に登場したか。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/617-602fca8b














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。