[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年05月22日 07:06 ]
時代・世代ジェネレーションギャップ2 

昨日夜勤に僕が出勤したとき、最近入ったらしい新人の女の子が入ってました。

彼女は何かと僕に気をつかってくれてるようで、

「ぶ、豚串、廃棄処分にしたんですけど、食べますか?」
とかいきなり聞かれたのね。

まあ、期限の切れた食い物を店員が食うのは日常茶飯事なんですけどね。気が向かなかった(というかダイエット中なので)ここは

「冷めると固くなるし、俺はいいよ」と断りしました。

ところが向こうの食いつき方がすごい。

「でもまたあっためればいいですよ」
「えっ、マジで?別にそこまでして豚串食べたいとは思な・・」
「残しておきますよ。」
「あ、いや、だから俺は別に」
「あとで食べてくださーい」
「ど・・・どうもありがとう_| ̄|○」

こう言っちゃ何だけど、結構地味なカオしてるんですよ。まあ僕は好意は好意として受け止めるタイプなので別に迷惑とか思わないんですが、ただ単純に僕の思考とのあまりの違いにとても驚いた。
よくそこまで強く押せるなってひたすら(゚Д゚)ポカーンというか。



相手が「いらないよ」と言ったら僕だったら「あ、そうですか」と収まることしか頭に浮かばず、あそこまでアクティブな思考回路はまるで別の生き物です。

僕の目から見たら「変な子」でしかなかったんですが、ある意味ちょっとうらやましいな。ああやって自分の思うことをストレートにオモテに出せる子は。

というか単にジェネレーションギャップか?
あとでバイト先の履歴書見たら17歳ということが判明。若っ。

若いと言えばもう一人、天然の女の子がいるんですが、こないだ一緒に早朝勤務入ったら、なんか自分が観た映画の話を一方的にしはじめて、
「こういう映画があって面白いですよ」って話で終わるならともかく、最初から最後まで、観た映画の話を勤務中、接客以外の時間ず~~~~っと話してるんですよ。
彼女はついにほとんどの映画のあらすじをしゃべり終わってしまいました。
で、最後に「絶対面白いから見てくださいよ」とか言われても、今、キミからほとんどストーリー聞いちゃったもの俺・・・。

このGOING MY WAYっぷりはどうだ!

いや、別にあの映画の話が迷惑だとかうざったかったとかいう感覚は特に無い。繰り返すけどただ自分との違いに驚いたというだけの話です。

僕はほとんど相槌しかうってなくて、聞く気無いのは明らかなので、もしも立場が逆だったら、相手が不快に感じるからとかそういうの抜きにしても、僕は場の空気を察してその話題は直ちにやめると思うんですが、そういう相手の空気を読む感覚とか機能は彼女らについていないんだろうか。

僕は男と女の考え方の近いについて今まで何回か記事を書いてるけど、これも男と女の違いなのか?・・・いや。やっぱり世代とか年齢層の違いだろうな。

つっても映画の方の子は5つくらいしか差がないんだけどね。

今回は別に不快感とかあったわけじゃないけど、こーいう、自分の道しか見えてなくて突っ走るタイプを相手に不快感をともなうやりとりをしたら、その「不快さ」は「とても不快」の域だろうな。

とか、勝手に想像しちゃいました、ごめんなさい。

【ランキング】別に悪口とかじゃないの。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/626-8450c235














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。