[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年06月21日 04:00 ]
夢日記寝てる場合かよ 

最近眠れなくて3時ぐらいに目が覚めて今に至るわけだが、どうやら体調のせいだけじゃないらしい。

バイトの夜勤に臨時で、僕が昔働いていた所の友達、エミさん(仮名)がなぜか入ることになったんですよ。
彼女、どーいうわけか俺がコンビニバイトの夢を見るときにたびたび登場する。

「うわー、久しぶりだなー。俺が退職して以来だから何年ぶりだ?」とか思ってるとその昔のバイト仲間のエミさんがご来店。

だけどフツーに買い物してちょっと話したら帰っちゃったのね。





で、今のバイト先で早朝の時間帯に一緒に働いてる変な先輩がいるんですが、仮にカトリーヌさんとします。カトリさんだから(<言うなよ)

彼女が(夢で)いきなり臨時夜勤に入ることになったんですよ。

「えっ、何、エミさんじゃないの?カトリーヌさんなの?」
「そうなのよ、ふっふっふ」

と、不敵に笑うカトリーヌさん。

なんだー。まぁいいかぁ、別に。
で、カトリーヌさんと一緒に夜勤をやることになったんだけど、夢の中でも僕の体調が悪くてね。頭痛・吐き気・目眩・動悸当等・・・・。

「大丈夫?別に帰って休んでてもいいよ?」

とカトリーヌ先輩が言うので、そんじゃお言葉に甘えてということで僕は家に帰って夜の11時から2時半ぐらいまで寝たわけです。

でも(夢の中で)ハッとして飛び起きました。

彼女、夜勤初めてだから夜勤の仕事は俺が教えなきゃダメじゃん、と今更気づき、深夜の3時ごろ、車でぶっとばしてバイト先に戻ろうとするんだけど、なんか見慣れぬ温泉街に迷い込み、老舗の食堂やお土産屋さんが立ち並ぶ。

もう俺はパニック。
待ってろカトリーヌさん、今行くぞー!

とか思えど車は思うように運転できず、街の塀に車体こすりつけちゃうわ、おばあちゃん轢いちゃいそうになるわ。

あーくそ、俺、何でとっとと寝たりしたんだ!?

と思ったところで目が覚めて飛び起きました。
それが夜の3時ごろ。

夢と現実の区別がつかず、頭の中を整理するのに5~8秒ぐらいかかった。
「えっと、今のは夢で、俺は今日夜勤じゃないよな?別に今からバイト先に向かわなくてもいいんだよな?」

と、ようやく頭で整理が終了したら頭が冴えちゃって眠れなくなっちまった。そんで今コレ書いてる。

何なのこの夢は。

【ランキング】もう他人中心に動きたくないです僕は。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/681-d8aefc94














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。