[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年06月24日 01:10 ]
似非学問退化による進化 

先日病院に行ってきました(その日の日記はこちら

もーメチャクチャ待たされて、持参した小説も1冊読み終えてしまいました。僕読むの遅い人なのに。

そんでボーっとしてたら色んなことが頭に浮かんできて結局そのおかげで時間をつぶせたんですが。

ずーっと座ってるとなんか体が痛くなってきてむしろ体を動かしたくなってくる。でも立ってても疲れる。

つまり歩いてよーが座ってよーが結局二足歩行の動物ってどんな体勢でいようとも不自然なんだよね。

やっぱり本来動物は4つ足で歩くべきなんだと俺は悟ったよ。



生き物の体っていうのはつねに重力の影響を受け、その支配から逃れるべく色んな体勢をとったりするけど、重力の支配から逃れることが最も不手際でその負担が減らないなのは二足歩行が日常化している人間なんだと俺は思うよ。

あと時々立ち上がるレッサーパンd

人間てなんで二本の足で歩くのかな。

まぁ、そりゃ道具を使うからだろうな。

だけど一度こんな風に進化したけど、日常や食生活の変化で、腰痛だとかその他色んな病気も蔓延しつつあるわけだ。

で、僕は思ったわけ。

それがどんどんエスカレートし、多くの病に人間の体が対応・耐久しきれなくなった時、人間がまた4つ足で歩く時代が来るのではないかと!ドドーン!(<効果音

しかし問題は、4つ足で歩くようになれば道具が使えない。

天津飯の四妖拳みたいに腕が2本増えれば別だけどそんな進化は何億年経ってもありえないだろう。

だったら。手で道具を使う必要が無くなればどうか?

つまりボタン一つで何でもできてしまう時代の到来。

文明は頂点を極め、そのレベルはついに神の域に達するが、あまりにも高度な文明が生み出した弊害は人間の身体の脆弱化だった。

そこで、すでに手を使う必要も無くなった人間は4つ足歩行を再び始め、重力の支配から少しでも逃れようと生活形態が変化し、文明こそ極みであれど、その住人は今の我々が呼ぶところの北京原人と大差ない風貌へと逆戻り。

あ、北京原人はもう二本足で歩いてたっけ。まぁいいや。

その後、手が使えなくなって多くの機器の製造・修理などはどうするのかというと全て人工知能を備えた機械ですよ。

人々は心置きなく4つ足で・・・

これは退化による進化であり、僕はこの仮説をこう名づけた。

「猿の惑星大予言」・・・と!!

500年や1000年じゃありえないだろうけど、数億年の時を隔てればわからないぞこれは。

つかこれ、病院の待合室で勝手に妄想したことで、今、得意げにこんなこと書いてるんだけど、結構似たようなこと考えてる人たくさんいたら恥ずかしいな。

まぁ、いるだろうな。

結構ほんとにそんな仮説がすでに存在してたら流してください。

無いか。

【ランキング】そもそも猿の惑星って映画観てないし。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(5)

4つ足で歩く話は聞いたことないけど、機械が何でもやってくれるようになって文明が退化して・・・というような話ならたくさんありますね。

古典「タイム・マシン」に描かれる未来では、機械を扱う地底人とその恩恵を被る地上人に人類が2分化していたっけ。これはこの作品が書かれた当時の労働者階級と資本家階級のうつしなのだそうです。

まあ機械が何でもやってくれるようになるほどの技術レベルなら、言語による操作とか脳波による操作とかもできそうな気もしますね。こうなるとホントに手っていらない。
[ 2005/06/24 15:26 ] [ 編集 ]

あ、そーいう話はやっぱあるんですね。
でも機械が何でもやってくれるんなら何で文明が退化すんだろ・・・。

あ、言語・脳波か。なるほど。
「ボタン一つ」とはまた
サイボーグ009で奥歯のスイッチを押すことでスピードアップするのと似たような、何でもできるわりには原始的な発想でした(笑)。
[ 2005/06/24 21:10 ] [ 編集 ]

漫才のネタみたいな感じで、四足から上体を持ち上げて進化してきているんだから今後人間はそのまま上体を反らしてブリッジのように四足に進化するに違いない、というものがあったのを思い出した。関係ない話だったね。
[ 2005/06/25 17:55 ] [ 編集 ]

500年とか1000年かけて退化していくんじゃなくて
100年後らへんに機械化の技術が発達して
自ら体を捨てるようになっていく、に1000ペリカ。

っていうか21世紀なのになかなか自動車は空を飛ばないねぇ。

[ 2005/06/26 00:19 ] [ 編集 ]

>ちるちるさん
ブリッジとまでいくと仮説というよりやはりネタだけど、やっぱ似たようなこと考えるのはいるんだな。何かを創作しようって気が失せるな。

>テディー3
確かにここ20年でもファミコン→プレステ
元祖GB→ニンテンドーDS
の進化とか

ここ5年ほどでもケータイの小型化、ゲームなどの付属機能・多様化を考えると、案外早い段階で生活にとんでもない変化が表れそうだな。

>体を捨てる
科学の進歩なんて結果的にろくなものを生み出さないけど、個々の人間が(プライバシーなどを除外した)必要な事柄のみ思考交換が出来る機能が出来れば世の中すごく良くなると思う。

人間てのは一定の精神状態を超えると言葉でわかりあうのは不可能だからな。

これが出来るようになれば犯罪も少しは減るし気を病む人間も減るだろうね。窮地に陥ったとき、人を支えるのは理解者だ。

電気信号のやりとりで不可能ではないような気がする。

>21世紀なのになかなか自動車は空を飛ばないねぇ。

それを言うなら多分22世紀になっても四次元ポケットを使いこなすネコ型ロボットはいないと思う(笑)。

でも空飛ぶ車はいずれは日常生活に取り入れられるだろうね。俺らが生きてる間かはわからんけど。
[ 2005/06/26 04:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/686-a9931586














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。