[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年06月26日 21:39 ]
管理人脳内皆は何のためにサイト運営してる? その2 

ヒマだったので珍しくアクセス解析なんぞ見てたら僕のブログについて書いてくれてる人がおられるじゃありませぬか。
sugさんのHarukiya

考え方や視点が大人っぽく単なるネタ読み物に終ってない。氏もネット暦が長く、ログの蓄積というもっともブログらしい使い方だと思う


ぶほっ、マジっすかヽ( ´ー`)ノ

最近の僕の傾向は他者の意見なんか関係ねーぜ、ゴーイングマイウェイだゴルァー
みたいなノリでやってて、まぁ批判も一応受け付けてるんですが、褒められてるよ。
なんかいいなぁー、
人知れずこんなこと言われるのも(*´Д`*)=3 。
やぁ、どうもありがとうございまする。



でもうちのブログ読んでくれてる人が思うほど僕って深く何かを考えてるわけじゃないんですけどね。

何かを追求したいわけでもなく、「僕はこう思うんだけど世の中は違うんだよなあ」という、自分にとって当たり前のことを書き綴ってみたりはするものの、その疑問を解決しようという姿勢がうかがえないのが「ただのログ」としては長所でもあり、逆に短所として僕の「一歩足りないところ」かもしれない。

意識内向してる人(自分の場合は逃避)はこういう自伝的全思想全作品の記録というのも有りだなと思う


「意識内向してる人」っていうのは人によって捕らえ方が違うかもしれないけど、僕の思想はまさにコレだなって感じです。
うちのブログが「ごった煮状態」と指摘されてる通り、その理由はこのブログがただの記録でしかないところにある。

でもひたすらこういうことを書き綴ったところでそれが後に何の役に立つのかはイマイチ僕自身わかってない。

あとで読み返したとき「僕はこんなこと言ってたのか、バカだなあ」と思うのか、「こんな若い頃からこんなこと考えてたとは、我ながらすげぇヤツ」とか思うのかもわからないし、あるいは読み返すことすらしないかもしれない。

だけど人間てのはなにか足跡みたいなものを残したがるもので、漠然としたそういう欲求を満たしているだけという可能性もある。

全くそういうことに関心を持たない人もいるけど、僕にとっては一日一日をかみ締めながら生きている部分があって、「今日はこんなことがあった、こんなことを思った」というのも明日につながる貴重な出来事だから、それを無意識に記憶の彼方に追いやって忘れてしまうことが怖いというのもある気がするんだよね。

そんな感じ方をするようになったのも弟の難病が関わってるかもしれない。世の中の人にとって当たり前のことでも、僕にとっては当たり前のことなんて何一つなくて、朝「おはよう」と挨拶できることでさえ特別なことで僕にはありがたい出来事だった。

そんな他愛の無い日常を書き綴ったり、嬉しかったり悲しかったり、バカなネタを書き綴ることが出来るということ自体が、本当に大切なものが何かを知る人間にとって一番の喜びになったんだろう。

くだらないこと、何でもないこと、自分のやりたいこと、やったことを記録に残す。それこそ、ふとした瞬間に振り返ったとき、すごく幸せな気分に浸れるようなそんな気が今でもしてるんじゃないかと。思ってるんだけど。「気がする」という程度で確たる説明とかは出来ない。

【ランキング】幸せであることよりも、不幸でないことが幸せだと思わないか。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(2)

こんばんは。かってに書かせていただきました sug@春木屋です。以後よろしくお願いします。しかし、解析っておっとろしいですね!(笑

>あとで読み返したとき「僕はこんなこと言ってたのか、バカだなあ」と思うのか、「こんな若い頃からこんなこと考えてたとは、我ながらすげぇヤツ」とか思うのかもわからないし、あるいは読み返すことすらしないかもしれない。

僕は、やっぱり一番の読者は自分自身だと思います。自分が面白いと思えば、筋から外れてても書きますし、読みたい展開にしちゃいますもん。そういう時は、共感されるかどうかなんて考えないですし。(という昔の姿勢を思い出させられました)

昨夜読みきれなかったので、今日も探索していきますね。
[ 2005/06/26 22:24 ] [ 編集 ]

や。このたびはどうもです。
もはや最近は解析なんて滅多に見ないんですけどね。思い出したように観てみたらたまたま発見しちまいました(笑)。

一番の読者は自分自身!
いいなソレ。うちのブログの標語にしようかしら。

>今日も探索

ご、ご苦労サマです(´Д`;)。
長文だらけですいません。他の人が書けば同じ内容で半分の長さで済むと思うんですが。多分全部読むのは不可能なので無理はしないでください(笑)。
[ 2005/06/27 05:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/691-2c7ca345














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。