[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年07月01日 23:15 ]
UNDERWEAR槇原敬之/revenge 

UNDERWEAR
槇原敬之
B00005HIIG


歌手:槇原敬之
アルバムUNDERWEAR収録
曲:revenge 歌詞(歌マップトップページ)


槇原らしからぬ負の感情をむき出しにした曲だけに、ファンにはこの曲があまり好きじゃない人もいるみたいですな。

僕は好きですよこの曲。
なので僕なりにいいと思う理由でも書いてみます。

この曲は多分男女のどちらかが粘着質だとか、復讐してやりたいと思う気持ちがどうとかってのは関係ないんじゃないかと僕は思う。

とにかくあれほど尽くしてきた女性に捨てられた悔しさを最大限に表現するとしたら「復讐」が最も適切で、かと言ってそれは相手を痛めつけてやりたいだとかいう
「悪意」や「憎悪」によるものではない。

言葉にできないほどの悔しさがこみ上げてきても、この歌の主人公がとったせめてもの反撃は、相手を傷つけたり困らせたりするものではなく、自分の中で蹴りをつけるだけにとどまったところに彼の優しさや誠実さが垣間見れるんじゃないかなと思います。

相手を困らせたりするようなことは、おそらくこの主人公にとっては思いつきもしない。発想自体が無い。「例え」復讐のために何ができるかを考えたとしてもね。

それだけ、どんな目に遭わされようとも本当に彼女のことを愛していて、「かわいさあまって憎さ100倍」とか言う理屈にかこつけてあれこれ煩く言葉の暴力を振るってみたりする男たちとは次元の違う人間性の持ち主なわけですよ。

人間なんだから、ひどい目に遭えばそれは悔しかったり納得しなかったりすることはあって当然。

そんな感情を抱くことは良くない、なんていうのはただの奇麗ごとに過ぎず、どんな心の優しい人でも怒りの感情がある。

それを前提とした上で、どうしようもなく自分が抑え切れなくなるほどの負の感情に支配されたとき、彼はどんな行動をとったか、というのがこの歌のテーマ。

「例えもう君が別にそんなことどうでもよくても」

というのは、地味で陰湿な攻撃をするというのではなく、むしろあえて「君」がどうでもいいようなことで「僕」は自分の中で決着をつけ、そうすることで「君」が困ったり傷ついたりすることはないんだ、という、それぞれが次の恋に前進するための手段として描かれているような気がする。

それは別の曲の歌詞「本当に君が大好きだったから もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」に似た優しさじゃないのかな。

悔しくて何かを相手に一言言ってやるとしても、そういうことだけは言わない、という決意の表れが「もう恋なんてしない」の曲からは伺えたけど、「revenge」もきわめて似ている。

【ランキング】どうですか。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(7)

はじめまして。
AG。(えーじー)と申します。
マッキーの、『AFTERGLOW』という曲が、
大好きで、曲名を名前にさせてもらって、
今は、「AG。」という風に、
落ち着いています。

私は、マッキーの中では、
「UNDER WEAR」が、いちばん好きです。
このアルバムを超えるものは、
今のところ、ナシです。

「PAIN」がいちばん!ですが、
この、「revenge」も、好きです。
[ 2005/07/05 18:54 ] [ 編集 ]

>AGさん
うお。槇原ファンキタ━━(゚∀゚)━━!!
身近に槇原聴く人が少ないので嬉しいです。
涙で字が読めません。

僕は事件復帰後のCDが好きです。
Home Sweet Homeが出たときは「これ以上いいCDは無い!」とか思い、EXPROLERが出たときも「やっぱこっちの方がいい」とか思い、順番ばらばらですが最近になって「本日ハ晴天ナリ」を聴いて、今はこれが一番好きです。

UNDERWEARも当時は一番好きでしたよ(笑)。UNDERWEARの中では僕もPAINがベストソングです。LOVELETTERも捨てがたいですけど(笑)。

AFTERGLOWは、もしかしたら知らないかもしれないです。すんません(´・ω・`)
[ 2005/07/05 19:31 ] [ 編集 ]

お返事ありがとう~。

「AFTERGLOW」は、
2枚目のアルバムに収録されています。
(『君は誰と幸せなあくびをしますか。』)

お時間があったら、聴いてみてください。


また、マッキー話、してください!


[ 2005/07/06 19:36 ] [ 編集 ]

>AGさん
ああ、アルバム名だけは知ってます。
ファンのわりには知ってる曲数が少ないので、いずれ制覇すべく、その曲も聴いてみます。
槇原話は他にネタが無いときにちょくちょく挿入していきたいと思ってるので、それまで過去ログ(「音楽」のカテゴリー)で時間稼ぎお願いします(笑)。
[ 2005/07/06 20:56 ] [ 編集 ]

指摘

ちなみに「蹴りをつける」というのは本当は誤った書き方だったりします。
この言葉は不良っぽい男とかが「ケりつけてやらあ!」とかいうふうに使われるので誤解されがですが、
「ケリ」というのは本当は古典文学で文章を結ぶに「いと哀れなりけり」とかいうふうに分の末尾に「けり」という言葉を付けることから生まれた表現だったりします。
百人一首を思い出してください。
ようするに「蹴り」とはなんの関係もない言葉です。
[ 2007/09/04 07:44 ] [ 編集 ]

もう、うちのサイトではそれ系のツッコミについて語り尽くされて飽きたのでほどほどにしときますが、

まあ、日本語のそーいうところいちいち突っ込んでたらキリがないっつーか日本語なんてそんなもんだらけだと思うわけです。

「『あたらしい』は『新たしい』の言い間違いがもとで定着した。だからオレは『あらたしい』でつきとおす!」とねばったりしてる人なんていない。

だから「けり、は本来・・・」とか言ってたら人の書く記事、一挙手一投足全部ツッコミ入れていかないといけなくなっちゃいますぜ。

言葉は絶えず変化し続けるものだから、なんか
「誤った日本語」とかいう本で薀蓄っぽく語られてるやつって好きじゃないな僕は。
[ 2007/09/05 01:57 ] [ 編集 ]

すいませんね

でも「けり」はひらがなかカタカナでいいんですよ。
「けりをつける」か「ケリをつける」でOKです。
あと横浜FCの標語はサッカーチームとして意図的なものでしょう。
[ 2007/10/10 13:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/696-ccb25b77


revenge

なるほど。確かに似てますね。僕のエントリー見ると、僕がこの曲好きじゃないように見えちゃったかな?好きです。このアルバムには無くてはならないスパイス。
[2005/07/02 22:30] URL 武士は食わねど高楊枝












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。