[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年11月07日 23:11 ]
人間自分は大切にすべきかねやっぱ。 

自分の身近な人間がえらく自虐的になったり卑屈になってるのを見るとなんかこっちまでへこんだりしてさ。

その卑屈さに軽くむかっぱらが立ったりもして、叱咤激励するつもりがつい語気が強くなってよく後悔したりするんだけど。

でもやっぱ、自信に満ち溢れろとまでは言わないけど自分のいいところはある程度は誇っていて欲しいし、少しでも笑ってるところを見ていたいってのが本音なんだよね。

でもそーいうことを考えているうちに俺はあることに気づくわけさ。

同じことを俺が言われたらグウの音も出ないな、と。

つまり俺も同じことやってんのにそれを棚に上げて自分にできないことを人に求めてるわけだ。このブログとか日記ブログを読み返すとよくわかる。

まー俺の場合はね、ただ意味もなく自分を傷つけたりしてるわけじゃないんだけど。

多分俺は満たされるのが怖いんだと思う。
自分に満足したら全てが終わってそれ以上成長できなくなるんじゃないかと。

多くの心無い人を見てると、自分のことが見えなくなることがいかに恐ろしいことかっていうのが身にしみちゃってるんだろう。

自分の中に欠けている部分を無理やりにでも見つけてそれを自ら戒めることで自分は今、成長しようとしてるんだって自分を安心させたいんじゃないかな。

そんな自分に自己陶酔して満足してたら結局一緒なんだけどね。


これが果たしていいことなのかどうかはよくわかんないけど、仮に俺と同じ考え方で生きてる人がすぐそばにいたとしたら多分俺はイライラしてしょうがないだろうな。

つまり例え主観的に意義のあることでも客観的に見れば周りの人間に心配かけたり不安にさせたりするだけなのかもしれない。

成長しようとするのはいいことだけど、ただ自分を痛めつけているようにしか見えないふるまいは俺も控えた方がいいかもしれないな。

あれこれ考えすぎるより、元気でいることとか、楽しそうに笑ってみせることが何よりも周りの人たちへの貢献になるなら、少しは俺もそうなろうかな、って思えてくる。

だから君も笑っていて欲しい。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/847-ee2a5a31














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。