[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2005年11月23日 23:59 ]
恋愛全般純愛 

ボーダフォンのケータイ買ってデュアルパケット定額に加入。

これでインターネットやり放題だーってんで着歌とかゲームとかダウンロードしまくったはいいものの、通信費は定額だけど情報料がかさんで2万円に達してダメージ食らってるいっべーです。

そんなわけで、ケータイなら気軽にダウンロードできるので、ここでひとつ、僕も萌えゲーというやつに挑戦してみようじゃないかと。

恋愛シミュレーションゲームですな。

実はコレ系はやったことがある。
あの有名なときめきメモリアル。

アレはよかった。
まー俺も高校生という若さだったからな・・・。

あんなゲームは痛い人間がやるものだと決め付けていて、友達に無理やりやらされたらまんまとはまってしまったときの屈辱感と言ったら無かった・・・。


というわけで今回ダウンロードしてみた萌えゲー。

つまらん。1時間ちょっとやって投げた。
萌えない。金返せ。
これがあの萌えゲーというやつなのか。

こんなので萌えーとか言ってる人がいると思うと悲しくなってきました。
楽しいかお前ら。

しかしわからない。僕にはわからないんだ。
楽しめないのはダウンロードしたゲームがクソゲーなのか、萌えゲーそのものがくだらないものなのか、あるいは僕が大人になってしまったからなのか、あるいは単につまらない人間になってしまったからのか。

「大人になってしまったから」は無さそうだな。
俺ぐらいの年でもやってる人いるもん。

だとしたら僕が個人的に冷徹無関心人間に成り下がったか、ゲーム自体がつまらないかの二つに一つだな。

主に前者っぽいけど。

あーもーさいあくー。
全てがどーでもいい人間にとってはいかなるものも無力なんだな。

だけど間違いなくこーいうのに萌えてた時代が俺にもあったんだろう。

このままじゃいけないと俺は思った。
あの頃の気持ちを思い出すんだ。

萌えゲーの(しらじらしい)世界を自ら作り出せ!
名づけてデートゴッコ。
ティーンズ・ライフでもいいぞ。
やってみる?

今度、女の子と二人で飯でも食ってるときに、あえて

「ねえ、これって・・・(この「間」が肝心)・・・デート?」

とか聞いてみる。

そして相手は「えっ・・・・」とか言って一瞬うつむいて、2~3秒ぐらい経ってカオをあげて「よくわかんないけど、デート・・・かもね」とか言って微笑む。

うわあ・・・。

クソだな。

こんな返答ありえない。
今、俺の周りにいる人間ぐらいの年になるとあんな質問したところで普通なら「(゚Д゚)ハァ? 」とか言われて終わりだよ。

なんかティーンの頃の初々しさとか、正直バカっぽいけどいいよな。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/865-b687de95














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。