[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2006年01月21日 21:21 ]
社会社会での理想像ってどんなだ 

家に帰ったらメシ食って風呂入って日記書いて寝る、の繰り返しだったのでホリエモンがどうのこうのって今日知りました。

それにしても騒ぎ出すの遅すぎですよ。

色々な考え方があって堀江氏を応援する声もあるみたいだけど僕は今回のことに限らず元々アンチ堀江でした。

バカだよな、人間って。
いや、世俗のものに染まってしまった人間がバカなんだ。

でかい会社って結局こーいうとこでボロが出るし、自分もその中に染まらなくちゃいけないからでかいとこで働きたいと思わない。

ライブドアが悪いというよりも、僕が思うに企業ってのは全てのあらゆる面で正当であり続けるなんて不可能に近いんじゃないか。

それだけ組織として存続し続けるっていうのは何かに目をつぶったりやむをえない選択をしたり、時には非情になったりってのも必要なんだろう。

まあ今回のは看過するには度が過ぎてたのかもしれないけど。

でもライブドアがナニをやらかした、というよりも、ナニをやらかしてる多くの企業の中でたまたま白羽の矢がライブドアに当たっただけ、と。

別に全部が全部悪い会社だって言い張るわけじゃないんだけど、どこかにそういう部分を持ち合わせているものなんじゃないかって思うわけ。

僕も今、比較的好景気な会社で規模もそれなりのところに勤めてるけど、みんな一生懸命すぎてね。

よく言えば一生懸命だけど、悪く言えば一つの方向ばかり見すぎて大事な他の物が見えなくなっちゃってる。

特に不祥事やらかしてるわけじゃないけど、どこか人間味の足りなさみたいなものを感じずにはいられないんだ。

職場の人たちはみんないい人だよ。
同僚とか先輩という視点で見るとね。
だけど視点を会社っていう組織自体にマクロ化するとね。

おっと、これもうちの会社が、っていうんじゃなくて、社会で働くってことがそもそもそういうことなのかもしれないけどね。

つまりそれが社会で生きる人間のあるべき姿であって、社会的な視点で見ると俺の方が異端なんだろう。


現代社会の視点で言えば異端かもしれないけど、僕が考える理想の人間社会像ってのは自給自足・物々交換の世界だ。

金と物にあふれた今の世の中よりもよっぽど得るものはあるぜ。

人はなんで多数を統率し、上を目指したがるんだろう。

それが日本の経済を支えていることは間違いないだろうけど、そんなことが彼らの原動力だとは到底思えないです。

やっぱり富とか名声とかっていう個人的な欲が全てじゃないかと。

欲深い人の心境って俺にはよくわかんないです。

ノーマルな人が鞭で打たれる快楽を理解しろと言われるのと
同じぐらい意味不明なんじゃねーの。

別に無欲さを鼻にかけたりキレイごと言うわけじゃないですよ。
その場限りの喜びとか、いずれ失う物をわざわざ得ようとすることの意味がわかんないだけ。

今、ここにあるものだけを大切にできればいいんじゃねーの。

衣食住があって、大事な人と共有できる時間があって
その人が笑いかけてくれたら他に何を望むだろう。

こんなことを言うと感動した、とかその通り、とか言う奴が出てきそうだけど、そんなのは少なくとも現実的に考えると大間違いです。

考えを主張したりそれを自己否定したりどっちやねんって言いたいだろうけど。そのへんホント複雑なんだよ。

言葉ヅラだけ綺麗なこと言うんなら感動した、で済むだろうけど、こんなこと言ってる人間が実際社会でも同じ考え方のもとに働いてると思うとヘドが出ないか。

人間性と社会性は対極してるんじゃないか。
前者としてはプラス評価できても、それに対し社会的人材を評価するとなると「やる気ない奴は帰れ」ということになってしまう。

どうすればいいんだろうな、俺達社会人は。

俺みたいなのもダメだし、ライブドアみたいに張り切りすぎてもダメ。

張り切り過ぎないように節度を持った活動が出来れば一番だけど、そうも言っていられないのが会社っていう組織じゃないか。

というかライブドアの話から始まって俺は何をしゃべりたかったんだ。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(2)

> 自給自足・物々交換の世界
こんなにオーソドックスな共産主義、ひさしぶりに聞いたぜ!
世の中は個人個人の自己愛で動かされていると思います。その中でも、ちょっと躁病気味の(それゆえいっべー氏には理解しがたい)肥大化した自己をもった人が経済を上に引っ張るんだと思う。それがあるから、ノドがかわいたら最寄のコンビニ行ってジュースが買える資本主義社会がある(遠くまで歩いて地下水を桶に汲みに行くのではなく)。しかもこうしてインターネットが使える。
世の中バランス・節度が大事とは言うけれど、「ここがちょうどいい」っていう場所は永遠に見つからない。どこかに設定すると怒ったり嫌がったりする人が必ず出てくる。
[ 2006/01/22 14:59 ] [ 編集 ]

>、「ここがちょうどいい」っていう場所は永遠に見つからない

うん。わかってて書いてみた。
[ 2006/01/22 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/879-16130b3d














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。