[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2006年04月08日 01:06 ]
自己分析だってさ、自分を評価するのって並の難しさじゃないぜ? 

maji0149.jpg職場では定期的に、人事関連の調査っていうか、自己啓発の意味もかねて普段の仕事がどのぐらいできてるかっていうのを自他共に評価して、それによって給料とかも変化するのね。

評価の対象となる項目はいくつかある。

個人情報管理だとか、接客態度だとか、○○に対してどんな行動がとれてるだとか。

それをまず僕が自分で点数をつける。
次に店長が僕の自己評価を見ながら点数をつける。
さらに僕の自己評価と店長の評価も考慮に入れたうえでマネージャー殿が僕の点数をつける。

店長とマネージャーが話し合って、
「こいつは、××は○点、▼▼は○点」と最終的に結論づける。

で、ある日店長に呼ばれるわけ。

「マネージャーと話し合って、あんたの自己評価と私(店長)とマネージャーの評価を総合的に考慮した結果、あんたの点数は××点になったよ。
あんたはこういうふうに評価してるけど私はこう考える。
それに対しマネージャーはこういう評価をしたので最終的にこういう点数になったけど何か意見などありますか」

みたいな具合に。


で、思ってたより店長とマネージャーの評価が良くて、僕の自己評価を上回る点数が結構たくさんついてたのね。

まあそれだけならめでたしめでたしなんだが、
僕の自己評価があまりに低かったせいか、店長が心配しちゃって、

「自己評価でこんなに点数が低いってことはどこかひっかかるところとか心配なところとかあるの?私は問題無いと思うんだけど」

とか突っ込んできたわけ。

改めて問われると何が悪いってわけでもないんだが、仕事に限らず、僕って卑下する傾向にあるみたいだからね。多分それだろう。

人間、満足したら終わりだ。
それ以上向上する姿勢を失う。

僕は単にそうなりたくないから自分が思うより低い点数をつけたんだけど、細かいところまで突っ込まれるとうまい返答が思いつかず、

「じゃあ、その点数でいいです」

てな感じで妥協しちゃいました。

皆はどうなんだろうな。
やっぱ給料に関わることだから出来る限り高い自己評価とかするんだろうか。

でも俺、金とか(無きゃ無いで困るけど)あんま興味ねーし。

とか言うと立派に聞こえちゃうかもしれないけど、反面、あんまり高く評価されると窮屈だったり、ちょっとしたヘマも許されない重い責任を負わなくちゃいけないでしょ。

それがイヤだっていう、ただの逃げ腰でしかない部分も僕の中に少なからずあって、そーいう意味でも僕はまだまだそんなご立派な人間じゃない。

僕のことはあまり買いかぶらない方がいい。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(2)

うちの会社にもありますよ。
半年に一度、これまでの反省と来期の目標を書くんですが、僕もやっぱり出来たことよりできなかったことのほうに目が向きがちで、ここを改善すべしみたいな内容ばかりになってしまいます。
数字で評価することはないんですが、やはりマイナス面ばかり書き出していると実際に仕事を見ていない上役にいい印象を与えないようで、昇進などに関わってくるからなるべくマイナスイメージな事は避けるようにと何度か言われたことがあります。
僕は昇進とか別に考えてないんで構わないじゃんとか思うんですけど、直属の上司は上役と最終的に話し合いの場を持つんで自分の部下管理の項目でマイナスされたくないんでしょうね。
自己評価を上回る数字が出てきたのもそれに関係してるんじゃ?
もっとも、仕事内容が立派だからこそプラスの評価をしてくれているんでしょうけど。
君も僕も(笑)。
[ 2006/04/08 20:26 ] [ 編集 ]

やっぱり社会に出ると必要なんですかね。
建前みたいなものが。

いろんなことを学んだり経験を得たりすることで、逆に多くのことを見失ったり大切なこととかも忘れていきそうだ。

世の中で生きていくのに必要なのはもはや型破りだったり主体性だったりではなく、いかに順応できるかということなのかね。

前にも似たようなこと書いた覚えあるけど。
[ 2006/04/09 23:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/896-ff972d15














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。