[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2006年06月27日 13:50 ]
LIFE IN DOWNTOWN槇原敬之/店じまい 

LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)
槇原敬之 KURO

東芝EMI 2006-02-22
売り上げランキング : 2865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

槇原敬之
アルバム:LIFE IN DOWNTOWN
曲:店じまい(歌マップトップページ)

「店じまい」。
最近のポップスにしちゃ珍しいネーミングセンスっていうか、某氏に言わせると槇原は曲はいいのにタイトルのセンスが無い、だそうですが、タイトルなんてぶっちゃけどーでもいいです。

むしろ他のポップスと同じようなセンスだったらそれこそ槇原らしさがかすんでしまう。

「なんじゃこりゃ」と思わせといて聞いてみたら「うおおお!なんつー内容じゃこりゃー!タイトルに騙されたらあかーん!」っていう、タイトルとのギャップがまた僕は好きなんだよね。

さて、ではレビューを始める前に↑のリンク先、歌詞をご一読願おうか。


さて、この曲を聴いて、あるいは歌詞を読んで、皆さんはこの曲の言わんとしていることは何だと思いますかね。

「命は大事です」
「戦争はよくないのでやめましょう」
「平和が一番」

終わり?

ホントにそれだけで終わりですかね。

感じ方は人それぞれだし、僕の考えすぎかもしれないけど、僕にはそれだけだとは思えないんですよ。

だいたい銃を作る職人が主人公の歌詞に、どれだけの人が共感したり感銘を受けたりするだろうっていう疑問がある。

戦争がよくない、命を守れ、ということを言いたいならそーいう歌詞にしとけばいいんですよ。

槇原はナンデわざわざ銃を作ってる人間に焦点を当てて一人の人間の物語にしたのか。

銃を作ってる人たちに聞かせて店じまいをさせるためか?

ここ、テストに出るから家に帰ってよーく調べておくように。

宿題。

今日の授業を終わります。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(4)

ぎゃぁ~!

すんごぃ楽しみにしてたのに~v-405
宿題って・…ぐはっv-399
[ 2006/06/27 22:48 ] [ 編集 ]

人生の厳しさを学んだかつみさんであった。
[ 2006/06/28 23:16 ] [ 編集 ]

ぶぅぶぅぶぅ~v-403v-427
[ 2006/06/29 00:03 ] [ 編集 ]

ぶひぶひ。v-16
[ 2006/07/03 00:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/910-d0e2ab70














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。