[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2006年11月05日 02:21 ]
社会僕の接客 

いつだか会社の資格試験合格したって言ったじゃない。
コレ、そのときの結果なんだけどさ。
ちょいと見とくれよ。

061105.jpgテストには各ジャンルがあって、業界の知識だとか商品だとかサービス関連の知識だとか色々あるんだけど、その中の「販売と接客」っていうやつなんだけどさ。

全国で1位だってよ。
まいったね、ははは。

下から数えてじゃないよ?

まして、受験人数2人中1位とかでもナイヨ?

3568人中、全国トップです。

しつこいようだけど画像の加工とかもしてません。

そりゃあねえ、毎日クレーム処理班みたいなことやってりゃ接客スキルも上がるよ(´・ω・`)。


いつだか職場のセンパイに僕の接客を「スゴイ!」とかすごく褒められて、「今の接客を全部録音しておきたかった」とか言われたことがあってね。

その時は「またまた大げさな」とか思ってたんだけど、こーいう風に数字としてスキルが認められると、なんか自覚しちゃうね。

でもまあ、言葉遣いだとかそーいうのって必死に勉強したところで一朝一夕に身につくものじゃないでしょ。

正しい接客ができるのも、小さい頃からちゃんと教育をしてくれた親のおかげかな、とか思ったよ。

特別厳しいわけじゃなかったけど、目上の人に対する言葉遣いとか、挨拶をする、とか、当たり前のことを当たり前のようにできるようにする教育って、今の世の中を見ると意外とおろそかになりがちかも。

でもまー、こんなパーフェクトな接客スキルってのも問題点があるんだよね。

ズバリ、「応用が利かない」。

正しい知識が全てインプットされちゃうと、それ以外の対応の仕方は「正しくないもの」って認識しちゃうんだよね。

つまりがんじがらめのマニュアル対応ってことだ。

まわりくどい婉曲話法とかじゃなくて、中にはフレンドリーで親しみやすい接客の方がいい場合がある。

僕はそれができないんだよね。

「じゃあ持って来ますね」というのも、にこやかに言えばさほど失礼でもない。

僕の場合
「それでは只今お持ちいたしますので少々お待ちくださいませ」

一礼をしてから立ち上がる。

多分「同じ内容のたった一言」を伝えるのも僕は他の人の2倍近く、一つのセリフが長い。

それは時間ロスにもつながるし、一つのセリフだけならともかくこんな調子で契約内容を全部話してたらもはや業務にならないです。

つまり何が言いたいって、上が僕たちに求める物ってのと、実際に現場で必要とされるものってのは全く違うものなんじゃないかと。

僕の接客はズバリ上が求める教科書どおりのもので、
だけど現場でそれをやってたら業務として成り立たないし、お客さんもそんな堅苦しい接客を求める人なんてごく希少なもんだろう。

人は何かにとらわれすぎだ。

前にも書いた気がするけど、ドラクエの武器屋のオヤジを知ってるかい?

「ここは武器の店だ。何の用だね?
銅の剣だね?それなら200Gだがいいかね?
ありがとよっ、また来てくれよなっ!」

余りにも簡素ながら人情がこもっている。
本来人とのコミュニケーションってのはこうあるべきじゃないかって思うよ。

そういや、先輩以外にもお客さんにも褒められたことはあった。

「今まで誰に聞いてもここまでわかりやすい答えは返ってこなかった。
あなたの説明は非常にわかりやすい!」
と、大絶賛をいただいて、あの時は本当に嬉しかったんだけど、
逆に「あなたの説明はまわりくどくて聞いててイライラする」と言われたことも1回あります。

このへんの切り分けがうまくできる人こそ、本当の接客のプロなんだろうな。
スポンサーサイト

▽コメント一覧(2)

なんか、いっべーさんに一回接客の講義を開いてもらいたいというような成績なわけですが。。。
確かに、それほどまでに完璧な接客しなくても大丈夫かもしれないけど、十分な接客がしっかりできるのがうらやましい。

まあ、基本が大切っていうから、応用はそのうちってことで大変そうなところはずっと保留でOK。
[ 2006/11/05 22:48 ] [ 編集 ]

自分で言うのもアレですが、婉曲話法についてはかなりの達人だと思います。

それとな~く、ほのめかしつつ、ごまかしつつ、やんわりと、ニュアンス勝負でクレームの処理(いいんだか悪いんだか)。

>ずっと保留でOK

俺もたまに、「これが俺の持ち味なんじゃないか?」って妥協したくなりますけどね。
人間、満足したら終わりだから。
改善しようと思えば無限に課題が出てくるので立ち止まってるヒマはありません(エライこと言った、俺)。
[ 2006/11/08 02:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/937-34518e4b














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。