[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2008年03月19日 00:04 ]
社会 新人教育について姿勢を省みる。  

今日は珍しくクソヒマなので仕事の話でもしますか。
クソ長いですよ、言っときますが。

かれこれ2ヶ月くらい新人さんの教育係をやってます。
一生懸命でいい子です。
仕事もめきめき覚えてくれてるし、僕の苦労も少なく、今のところ順調です。

ところで僕が下を教える上で心がけたいと思ってることがあってね。
今日はそんな話でもしてみようか。

何も知らない視点に自分の視点を合わせる、みたいな。

・・・・自分でこれが出来てるとは言わないけどね。
なるべくそうするように心がけてる感じ。

中堅クラスくらいになると人間てのは自分が新人だった頃のことを忘れちゃうものなんだよね。
ベテランてのはそーいう生き物だ。

そのことを認識してるのとしてないのとは全然接し方も違ってくる。

まあ新人さんも個人差や能力差ってのがあるよね。
僕も決して出来がいい方じゃなかったし、多分今でもそうです。
まあ、だから何もわからない新人さんに教えるにはわりと向いてる方なのかもしれない。
出来のいいエリートはバカでもわかる教え方ができないからね。
多分僕は誰よりもバカなので、僕が理解できる内容で説明すればたいていの人は理解してくれます。

まあ全てが順調にいくとは限らないけど、その能力差の下位に位置する出来のよろしくない人間に対し、いちはやくあきらめて「あいつは使えねえ」みたいに放置状態にするような先輩には腐ってもなりたくねえなあと思うわけ。

上があきらめたら下は終わりじゃね?

叩いて伸びるタイプ、褒めて伸びるタイプ、失敗を繰り返しながら成長するタイプ、色んな個人差があるけど、そいつが成長するように持っていってやるのが上の役目じゃないですかね。
甘やかすとかじゃなくてね。
結果的に伸びるんならそれをしようじゃないか。

つべこべ後輩の文句たれるだけになったら、それ以前にてめえはそれだけのことが言えるくらい後輩に何か与えてんのか?って話ですよ。

なんかね、学生時代のバイトの時、こーいう先輩結構いたからなおさらそう思うんだよね。
バイト時代、一回サラッと話をされただけで「ハイ、教えたからもう出来るでしょ」ってな感じで放り出されて、右も左もわからぬままで、どうしたらいいかわからなくて潰れかけたことがありまして。
概して世の中には結構下を教える立場の人にこーいう人が多いような気がしてならないんだよね。

僕は、先輩や上司に「こいつはできるな」って思われるより後輩に「あの先輩の下ならついていける」と認めさせる人材になりたい。

まあ僕だって人間です。
「(゚Д゚)ハァ? 」と思いたくなるような後輩の質問についイラッとなって語気が強くなることもあったりして、その時は「やべっ」と思ってちょっとそのあとに面白いこと言ってみたりするんですが。


だけど今となっては新人さんの気持ちもわかるけど、ベテランさんの気持ちもわかるようになってきた。

ベテランさんたちは下に早く育って欲しいという願いも強いし、焦りもある。
だから自分の思い通りにいかないと気持ちが少し不安定になったり語気が心なしか強くなりやすくなったり。

新人とベテラン、両方の気持ちがわかる分にはいいけど、やがてすっかりベテラン色に染まって新人さんの気持ちを忘れそうになるのがちょっと怖いな、と思う今日この頃。

僕たち中堅クラス以上にとっては日常的に当たり前にこなしていること。
その当たり前のことが出来ないとなるとベテランは平静を保つのも努力が強いられるかもしれないけど、

だけど新人さんにとってはその当たり前が当たり前じゃないってことを僕たち中堅以上クラスの人間は忘れちゃいけないと思うわけ。

下を育てようともしないくせに「あいつはダメだ」とか言ってるようじゃ人材は何も変わらんですよ。
そんなん下もたまったもんじゃないです。

そこで僕は思うわけ。

各現場に、教育を担当する人材を配属させたほうがいいんじゃないかなあ、とか思うんですが、どうなんでしょうね。
そーいう新人の立場や心理を理解できる人材資格者がそーいうトレーナーみたいなものになる。

上からのプレッシャーに負けてリタイヤしてしまう新人さんもきっといなくは無いだろうし、新人さんが安心して成長できる環境づくりをしたりとかって結構重要じゃね?

上が下を育てる姿勢が無いから下が育たず、長続きしないですぐに辞めたりしちゃって、上から何も与えられない状態で退職に追い込まれたのに「あいつは根性がない」呼ばわりされたんじゃ、新人さんもたまったもんじゃなかろうに。

ちなみに、仮にこーいうトレーナー資格制度を作る場合、新人さんを教育する資格を持つ社員は店長クラス以上はダメです。
超ベテランはある程度チカラをつけた兵士に対する指導力はあっても赤子の扱い方を忘れてしまっているからです。

やはり下を育てるなら中堅クラスが望ましい。

こーいうトレーナー資格を持つ人材がいれば、下の育ち方も全然違ってくると思うんれすよ。

ていうか、こんな基本的な対策、ナンデ誰も思いつかないのかなあ、とか、ナンデやらないんだろ、とか思うんですが、まあ人材とか時間的制約上難しいのかもね。

僕はまだ中堅クラスと言えどもぺーぺーなので、結構マジメにこんなこと考えてても上から見たらただの絵空事かもしれない。

ま、別にぶちまけるとかじゃなくて、何となく思ったことを書き綴ってみただけです。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/947-d082a231














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。