[ --年--月--日 --:-- ]
スポンサー広告スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) | コメント(-) |編集

[ 2008年03月20日 00:00 ]
どーでもいいキャラクター  

どーでもいいんだけどさ。
ドーモくんとかモリゾーとか、世の中のキャラクターってなんであんなクソかわいくないのばっかで、一時的とは言え人気が爆発するんでしょう。

世の中のセンスを疑わずにはいられません。

僕ならもっとかわいいキャラクターデザインできます。

あ、でもくーまんは別ね。

あ れ は か わ い い 。

マジで殺してやろうかと思ったのはやわらか戦車?

まあ見た目はかわいいかもしれないがこの安易なネーミングはもう、どうしてやろうかと。


要はさ、戦車は戦闘向けの兵器、強固かつ攻撃的なものという固定概念をくつがえし、まさか戦車をやわらかくするとは、的な、まるっきり逆転の定義を位置づけることで戦車のりーぞんでーてるを否定するところがウケたわけだ。

そんなのが売れるんだったら僕でも作れます。

例えばそうだな・・・「清潔うんこちゃん」とか「燃えるアイスくん」とか、要はそーいうのがウケる稚拙な脳の構造をしてるわけでしょ、世の中の愚民ども。

綺麗好きのうんこちゃんは家の中を雑巾がけするわけだが、自分が通ったあとはうんこまみれになってるわけだ。

燃えるアイスくんは、闘志に燃えあがるはいいものの、その熱に自分がとろけて消滅してしまう。

そーいう「( ´,_ゝ`) フッ」と苦笑いせずにはいられないようなくだらんネタが世の中で「きゃー、かーわーいーいー」とか騒がれてるわけだから、稼ぎやすい世の中になったもんです。
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibbeh.blog2.fc2.com/tb.php/948-045ad573














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。